学生服が届かない問題について

全国でも大きくニュースに取り上げられました。

#制服届かない

何故このようなことは最近は起きているのか?

・学生服メーカーの生産力の低下、働く人が減少、技術の継承問題。国内生産。

・学生服→ブレザー化になり他の商品を流用することができない。昔だったらあるメーカーの学生服がない場合は他のメーカーの学生服を来て登校することも可能な学校が多くあった。

・高校生の合格発表から入学式までの期間が短く生産が間に合わなくなっている。

・小売店舗の減少も大きく影響している。

簡単に言えば4つ

 

解決する方法は・・・

・生産を早くして在庫を多く持つ。

・高校生の場合は合格発表を早くして入学式までの期間を多くする。

この2つだが在庫を多く持つこのリスクは大きくメーカーが持つのか?小売店舗が持つのか?

メーカーも小売店舗も多くの在庫を持つことを嫌う。

 

最近は中学校もブレザー化になっている。

また、「LGBTの学生向けの制服」も多くの学校で検討されたり変更されたりしている。

共通の制服ができることで制服が届かない問題は解決する可能性は1つある。

極端に言うと全国の中学校・高校と共通にする。

転校しても制服には困らない状況を作り出す。

 

#制服が届かない

の問題は解決できても個性が生まれない、学校独自の制服がなくなると言うことになる。

これも制服を選ぶ自由を奪われてします。

 

少子化の流れも大きく影響している中で今後もこの課題は続くことが予想される。